みんなでIQテスト(書籍)

みんなでIQテストタイトル:みんなでIQテスト(書籍)
発売日:2023年9月22日
発売元:アキュートエンターテインメント
価格:2400円(本体2182円+消費税)
ISBN:9784911103005

【書籍版】
Amazon限定で販売中

絶版にならないよう自社で出版をしたため、値段が少々高くなってしまいすみません。
今のところ【Amazon限定】です。


中身(ステージ1)を見てみる Amazonで購入

本格的なIQテストの決定版です。


老若男女を問わず、だれでも楽しむことができます。
誰もがみたことのある、図形、数字、文字、記号、などを使ってパズルにしていますので、どんな方でもチャレンジしやすいです。


パズルのジャンルは、「条件」「図形」「計算」「法則」「空間」「言語」です。


8つのステージがあり、各ステージごとにIQを算出できます。
ステージ1:やさしいレベルで10問
ステージ2:やさしい~やややさしいレベルで20問
ステージ3:やややさしい~ふつうレベルで20問
ステージ4:ふつうレベルで20問
ステージ5:ふつう~ややむずかしいレベルで20問
ステージ6:いろいろなレベルで20問
ステージ7:いろいろなレベルで20問
ステージ8:難しいレベルで20問


実際にステージごとに約1000人の方にテストをしていただきました。
その統計データに基づきIQが算出されます。


IQ算出式そのものは2003年より弊社のwebサイト(iqiq.jp)などで稼働しており、のべ約1000万人以上の実績のある数式です。

パズルについては、約20年で10000問以上作成の実績がある弊社で、適切なものをピックアップしてまとめました。
パズルのみでもかなり楽しめる内容となっております。


ネットのIQテストとの違い

・じっくりできる
・答えと解説を見ることができる
・選択を間違えての得点ロスを避けれる


~はじめに~の一部抜粋

IQ=知能指数です。

では知能指数とはなんでしょうか?
脳が動いているかちゃんと働いているかを数値化したものです。

だからIQテストは、脳が動いているかちゃんと働いているかを数値化するテストとなります。

なんでそういうものがあるのかというと、ちゃんと歴史的な背景があります。
人間がある年齢に達したときに、適切な知能をもってないと社会的生活を送ることが難しくなる場合があるからです。
ちゃんと社会で生活をおくるためには、読み書き、コミュニケーション、ちゃんと理解できる、問いに答えることができる、ある程度の計算、ある程度の思考、など最低限必要であろう知力が必要です。
年齢に対してある程度適正な知力がともなっていないと、ちゃんとした社会生活をおくることができない。
だから知力をいったん数値化する、というのが本来の目的でした。
そのため対象となる集団に対して、だれでも回答できるような常識レベルの知力の問題に回答してもらい、その参加者達がちゃんとある程度の範囲におさまっているかどうかを判断するためのものでした。

参加者の得点の平均を「IQ=100」として数値化しました。

その常識的知力をはかるテストが年数をへて変化していきます。
デスクワークの増加、学歴社会、など環境の変化により、「脳を使うこと=生きていくための手段」として直結していく時代になっていきます。

そしてゲーム感覚で数値を競うようなことも多く見られるようになりました。
この本はそんな時代のIQテストです。


画面、クリックで拡大
中身 中身 中身 中身 Amazonで購入